北海道の名所、お土産、名産品をチェックしてとことん遊び倒す

名産品 カニだけじゃない!北海道にはうに、ホタテ、海産物が盛り沢山
カニだけじゃない!北海道にはうに、ホタテ、海産物が盛り沢山

北海道が海に囲まれていることは、誰もが知っていることでしょう。そして北海道といえばやっぱりカニ!

しかし海に囲まれている分、美味しいものはカニだけではないのです。他にも、うに・ホタテ・カキなどの海産物がたくさんあるのが北海道です。

北海道に行った際にはぜひ、カニだけではなくたくさんの海産物をご賞味することをおすすめします。ここでは、北海道の旬の時期と一緒に海産物を紹介します。

 

春の旬はボタンエビ、甘エビなどのエビ類が美味しい!

オホーツク海岸線から流氷が離れる「海明け」とともに、北海道各地で一斉に解禁されるのが「ボタンエビ」や「甘エビ」といったエビ漁です。200~500mの冷たい海中で、冬の間じっくりと栄養を蓄えたエビの味は絶品と言えるでしょう。

また他にも春が旬の魚といえば、「ホッケ」や「時鮭」があります。
鮭の旬は主に秋ですが、春から夏にかけて水揚げされる鮭は「時鮭」「時不知」と呼ばれています。この時期の鮭は、まだ卵巣や清掃が成熟されていないため、脂の乗りが抜群で珍重されています。
 

刺し身にオススメ!夏の旬はイカが旨い

この時期に日本海西武から北上してくる「イカ」が、夏に旬の海産物です。特に肉厚でコリコリした食感が特徴の「スルメイカ」が旬と言われています。またイカ漁の漁火は、夏の風物詩として多くの人から親しまれており、早朝の市場はイカの水揚げで賑わっています。

忘れてはいけないウニとホッキ貝もこのシーズン

夏に旬のもので忘れてはいけないのが「うに」です。
特にこの時期のうには、短いトゲの殻とオレンジの身を持つ「バフンウニ」と長いトゲの殻と黄色い身を持つ「ムラサキウニ」が旬と言われています。

また、貝類で夏が旬のものといえばホッキ貝が挙げられるでしょう。正式名称は「ウバガイ」というそうです。丸みを帯びていて分厚い2枚貝、シャキシャキとした歯ごたえで、ホッキ貝独特の甘味が特徴的です。

鮭が戻ってくる秋は魚介類の旬

秋が旬の魚は想像しやすいのではないでしょうか。秋が旬の魚は「鮭」です。この時期には北海道各地の川で放たれた雑魚が、4年の回遊を得て帰ってきます。また鮭の卵といえば、いくらです。この時期のいいくらも絶品ですので、鮭と一緒にいくらもご賞味ください。

ホタテとカキもこの時期

秋だけに限らず、ホタテは1年中獲ることができますが、産卵期前の秋から春先が旬と言われています。そして同時に秋から春先にかけて旬を迎えているのは、「カキ」です。海水が冷たい北海道では少し早めに旬になり、厚岸ではこの時期に天然のカキを獲ることができます。

冬の旬といえば海産物の王様、カニの季節

冬といえばカニ鍋や石狩鍋を始め、海鮮鍋を想像する人が多いのではないでしょうか。冬が旬の海産物は、「タラ」です。タラの中でも主に「マダラ」と「スケトウダラ」が旬と言われています。淡白で上品な味わいの白身魚として、マダラのオスである「しらこ」は珍重されています。またスケトウダラのメスの卵巣は「たらこ」の原料とされています。

冬が旬のカニが多い

カニの種類にもよりますが、ほとんどのカニの旬の時期が冬です。この時期が旬のカニは、ズワイガニ・タラバガニ・毛ガニです。この時期に食べるカニはこの3種類のカニを食べることをおすすめします。またこの時期に北海道へ行くならば、食してほしいと思う食べ物は、旬のカニが入っているカニの鉄砲汁とカニ鍋です。

おわりに

北海道では、これだけたくさんの海産物を獲ることができます。春夏秋冬ごとに旬の海産物が異なり、いつ訪れても美味しい海産物が食べられること間違いないでしょう。北海道へ行く際に、最もおすすめする時期は冬です。冬の北海道ではカニ鍋・石狩鍋をはじめとする海鮮鍋をご賞味いただけます。北海道の海鮮鍋は、ぜひ一度味わっていただきたい鍋料理です。

Related Post

記事アーカイブ