北海道の名所、お土産、名産品をチェックしてとことん遊び倒す

観光地 札幌市内の観光地<建造物編>
札幌市内の観光地<建造物編>

「北海道といったら札幌」と言っていいほど、観光すべきスポットと言えるでしょう。北海道札幌市には歴史的建造物が多く、休日にかぎらず平日も訪れるという人が少なくありません。

巡る観光スポットを決める時、あなたはどのようにして決めていますか?旅行本を購入するのもいいかもしれませんが、ここで観光地を抑えておくのはいかがでしょうか。ここでは北海道札幌市の観光スポットとなっている建造物をいくつか紹介します。

自然を楽しみたい方はこちらの記事もチェック→札幌市内・近隣の観光地<自然編>

 

札幌市の定番観光地!絶対寄りたい旧札幌農学校演武場(時計台)

この時計台は、重要文化財として国から指定されていて、北海道札幌市定番の観光地となっています。北海道大学の前身である札幌農学校の工程の真ん中に、時計台のある街区の演武場として建てられました。そしてその鐘の音が市民にも親しまれています。

塔時計はごくわずかな部品を取り替え、それ以外は1世紀以上前の機械が使われています

この時計台は昭和41年までは図書館として利用されていました。しかし今では多くの観光客が訪れる観光スポットとなっています。
 

北海道のシンボル、北海道庁旧本庁舎

北海道のシンボルであり、「赤レンガ」という愛称で親しまれています。この建物は、日本人が本格的に設計した初期の洋風建築で、250万個ほどのレンガが積まれている外壁と屋根に、八角塔を持つ堂々とした姿が人気を集めています。この八角塔は初代長官である岩村通俊が、焼失したかつての本庁舎を設けたと言われています。

明治29年に1度撤去され、北海道百年記念事業の一環として、昭和43年に修復されました。
 

ウルトラマリン・ブルーが特徴的!豊平館

豊平館は、国の重要文化財に指定されています。開拓使直営のホテルとして建てた開拓使建築の代表的な建物です。建築当初は札幌市民ホールの場所に建てられましたが、昭和33年に中島公園内に移築されました。

白い外壁を鮮やかに彩っている群青色は、ウルトラマリン・ブルーと言われていて、昔宝石として尊ばれたラピスラズリから作られた高貴な色だそうです。

建物全体はアメリカ風様式を基本としていて、正面玄関の円柱やバルコニーはヨーロッパ風様式、天井の飾りには紅葉など日本人の好むものを使用しています。1つの建物でさまざまな様式を見学することができます。
 

特有の工法が施された北海道知事公館(旧三井クラブ)

北海道知事公館は、広大な敷地に建っていて国の有形文化財に登録しています。またこの広大な敷地には昔、開拓大判官が営んでいた桑畑が広がっていたそうです。

民間に払いくだされた後、三井合名会社に売却され昭和11年に三井家の札幌別邸新館として建てられました。そして戦後はエメリカ軍に接収されたが、昭和28年から知事公館として使用されるようになり、現在の建物が建てられました。

入り口正面と庭園側には特徴的なデザインが施されていて、イギリスや北ヨーロッパの木造建築特有のハーフティンバーという工法を行っています
 

洋風と和風が入れ混ざる、清華亭

札幌最初の公園であった偕楽園に、開拓使の貴賓接待所として明治13年に建てられました。開拓使長である黒田清隆が「水木清華亭」と名付け、明治天皇行幸の時に休憩された建物だと言われています。

外観は洋風な印象で、内装は洋室と和室のある和洋折衷様式となっていることが特徴的です。明治19年の道庁設置とともに民間に払い下げられ、その後北海道史研究家たちによって組織された保存会の所有を経て、昭和8年に札幌市へ寄付されることとなりました。
 

おわりに

北海道札幌市という、1つの市だけでもこれだけの観光スポットがあります。北海道札幌市には歴史的建造物が多く、そのほとんどが洋を取り入れた建築をしています。国の重要文化財に指定されている建物が多いので、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。美しい建物を見物することが出来ます。

Related Post

記事アーカイブ